読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スケッチブックとBBQ

思考の整理をするための、便所の落書き。

「思い立ったが吉日」とあるが、そんな甘い世の中ではない。part1

2015年、大学2回生の7月。

友人・佐藤君の家で私は進撃の巨人を読みながら言った。

 

「なあ、さとー。日本一周したいな」

 

何を言ってるのだ私は。なにせお互い、大学の硬式野球部に属してる。もうすぐ、公式戦だ。僕はキャッチャーで彼はサードだ。抜けたらチームに迷惑だろう。第一に、私には彼女がいる。彼女をほったらかして、長期間も遊んでる場合ではna..

 

佐藤:「よし、行こう!」

 

うん?佐藤は、今なんて言ったのだろうか。

私のあまりに浅はかで思いつきのアイデアを採用したのか。いや、聞き間違いであろう。聞き間違いであってくれ。佐藤!

 

佐藤:「でも今お金ないんだよなあ。10月から後期始まるし」

 

私:「ヒッチハイクなら、0円だ。しかも自転車なんかより楽で早いはず。2ヶ月あれば後期に間に合う。」

 

佐藤:「決まりだな!来週からどう?シフトまだだよな」

 

私:「おう、そうだな。まだシフト出してない。来週から行くか。」

 

言ってしまった。お互い同じ店舗のすき家バイトだ。シフトのシステムも熟知している。すぐ出発日が決まってしまった。これはもう行くしかない。

 彼女に何て言おう。野球部のみんなには?残り7日間しかない。片っ端から片付けていくぞ。

 

私:「キャプテン、この夏で日本一周したいです。来週で辞めさせて頂きます。」

キャプテン:「うむ。やりたいことをやれ」

 

私:「日本一周したいだよね〜。いいかな?」

彼女:「うん。。もう別れよう」

 

あっさり、この街への未練がなくなった。

引き止めてくれるかなぁ〜ぁあ!!と思っていた自分をはたきたい。

 

そして出発日。

初期装備は3つ。

自分の生身、佐藤君、スケッチブックだ。まるでドラクエだ。RPGだ。

美しい晴天。カーテンを勢いよく纏め上げ、トビラを蹴り上げた。私たちは学園都市駅を飛び出した。

お金もない、土地勘もない、スケッチブックはある。

 

猛烈に目的地を殴り描き、私たちは道路に立った。

 

5時間立った。5時間経った。

これからの1週間は地獄だった。